徒然Nikki
I have no idea...take
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
REMISSION CELEBRATION PARTY
先週、ハカセの大家さん、バーバラさんのアフタヌーンティーパーティーに
参加。

バーバラさん、実はステージ靴隆發里燭瓠抗がん剤治療を受けていた。
その彼女、なんと
REMISSION 
宣告でした。これ、医学用語の「寛解」のこと。

バーバラのお友達、12人も参加して、本格的なイギリス式パーティーでした。
この半年、友人たちは主にドライバーとして、バーバラの送り迎えを担当。
また、ハカセと私(主にハカセだわね、私日本に帰国してたから。。。)
抗がん剤治療後1−2日の炊事洗濯担当。

チームワークの勝利です。えへへ。
みんなに囲まれて久しぶりにワインを飲んでいる彼女は本当にうれしそうだった。

彼女のスピーチより
「(旦那の)デービッドが死んだときには、自分が本当に一人ぼっちでいろいろなことを背負っていかなければならないと思っていた。障害を持つ娘のことを考えると、人生って本当に真っ暗闇と思っていた。
病気のおかげで、自分の周りにこんなに素晴らしい友人がいると気付くことができた。みんなが私の人生を照らしてくれるから、私の人生はぜんぜん真っ暗闇じゃないと気づいた。
せっかくこんな大事なことに気づいたんだから、もっと長生きしまーす。」

なんか、じんわりしちゃいました。
よかったよ。本当に。

byたけっち。

お友達紹介 | permalink | comments(5) | trackbacks(0)
運命の出会い
さて、手術話を一休み。
先日、新しい友達、アナちゃんに頼まれた「運命の出会い」を
セッティングした。

イギリス帰国を目の前にした、アナちゃん。実はとても帰国が不安だとのこと。
帰れば、日本では見えなかった現実が見えてくる。イギリスの友達は、健康なまま、青春をエンジョイ(この表現古いよなあ)しているのを、目の当たりにすることになる。さらに、自分のこれからの人生に直面しなければならない。

彼女の不安はわかるようでいて、私の理解を超えている。
そんな、アナちゃんの希望とは。。。

実は私の友達で、ある全身不随のドクターがいる。21年前に怪我をしてから、医師となり、開業をし現在にいたる。そのドクターに会いたいという。

その運命の出会いをお願いすべく、友人宅訪問。もちろん、彼の移動はとても大変。そのため、最初は、電話でお話できれば。。。と思っていた。

ところが、ドクターとその奥様、休診日に直接アナちゃんのお見舞いに行くと言ってくれた。

で、運命の出会いに立ち会ってきた。
電動車椅子でアナちゃんの病室に入っていくと、
もう彼女は目がうるうる。

ある意味、彼女にとって、「彼に会う」ということは、自分の姿を鏡で見つめるようなものである。この希望を私に伝えるまでに自分との葛藤があったと思う。

約一時間半にわたる二人の話。そのあいだ、アナちゃんも何度も涙をながすことが。正直、彼女の涙をみたことがなかったのだが、今まで必死で耐えてきたんだなあと感じた。

「怪我をしても、あなた自身は変わらない。友達も家族も社会も変わらない。でも、そのことを知るには時間が必要」 
「落ち込んで、泣いて、自己嫌悪に陥って、自分を責めて、治るんじゃないかと夢をみて。それの繰り返し。それでも時間とともに自信がかならずよみがえってくる」

彼は、2年間以上の入院生活、リハビリを耐え抜いた人。
そして、全身不随での人生を受け入れた人。
「人生は一度きりなのだから、ぼくはあきらめないことに決めた」

二人は、メイルアドレスなどを交換して、最後に握手をした。
なんか、電動車椅子でアナちゃんに少しでも近づこうとする彼と、上半身を少しずつ移動して彼の手を握るアナちゃんに、超ほろり。

運命の出会い
だよなあ、これは。

byたけっち。



お友達紹介 | permalink | comments(3) | trackbacks(0)
ホーム&アウェイ
昨日の午後、カナダの親友からの突然のメイル。

「日本にいる友人の女の子が、スノボで骨折。入院していて
困っているようだから、お見舞いにいってきて。」

とのこと。

本日行ってまいりました。
病室にいくと、彼女のお父さんとお母さんが、付き添っており、
本人も笑顔で迎えてくれた。

今日は、たわいもない話や共通の友人の話をして、明日また来ることを約束した。その他、保険関係、病院スタッフとのコミュニケーション、病状についての詳しい説明などなどをお手伝い。

手術後、2日目から彼女は積極的にリハビリに取り組んでいる。
腰椎の骨折で、神経が切れた為、今後、下半身は付随。
それでも、まだ山に登りたい、旅行もしたい。シドニーにも行ってみたい、
と希望は尽きないようだ。

明るい彼女の態度にとても感銘。自分が同じ立場だったら、彼女みたいに前向きになれるのだろうか?

ときどき見せる不安げな表情も印象に残った。日本では、まだバイリンガルのメンタルサポートは充実していない。こういうときこそ、すばやいメンタルサポートが必要なのだが。

障害を受け入れて生きていく事を受け入れるのが、どのくらいつらいことなのか、ちょっと想像できない。

彼女は、4週間後、体調がおちついたらUKに帰って、さらなるリハビリや本格的なカウンセリングを受けるとのこと。

自分は、病気の為、緊急帰国した。ホームでの試合を選択することをすぐに
決めた。

緊急帰国の時間もなかった彼女は、アウェイでの試合である。でも、アウェイでの試合こそ、熱狂的なサポーターがついていることを、と彼女は知っている。

そばにいて、他愛のない話をすることしかできないが、自分の入院までは、お見舞いに行こうと思っている。

思わぬところで、とても前向きで素敵な女の子の友達ができました。

byたけっち。


お友達紹介 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
シドニー帰国
みなさーん、おはようございます。

私のオタク友達、シドニー・マーティン君がスペインに帰国します。
(といっても、3月にはまた戻ってくるらしい)
昨日は、涙のお別れでした。

で、シドニー、妻帯者(なにこの表現?既婚者?)で、母国にいとしい奥様を置いてきているわけです。

このシドニーが考えた奥様へのクリスマスプレゼント。それは!

奥さんには26日の便で帰ると伝えておいて、こっそりチケット変更。
21日にスペイン着の、
サプライズ帰国ラブ

うーん。やはりラテンのお国柄か、ロマンチックですわ。
しばらくさみしくなりますが、3月までがまん。
次回は奥様と一緒に着てくれればなあ、と思っておりマース。

by たけっち。
PS 奥さんの名前はサラさん。この名前ってとってもきれいな響きだと思いません?

 ふー、ひとやすみ。
お友達紹介 | permalink | comments(6) | trackbacks(0)
ショッピング!!
さて、たけっちにしては珍しく、丸々一日女友達とショッピングを楽しんできましたーーー。
彼女はFROM台湾。のとってもかわいい女性 (オントシ36)。
こちらで、子供の文学を研究しています。
とにかく英文学専攻なので、その読む量といったら。。。。
頭が下がります。

その彼女が来週台湾に一ヶ月帰国するため、
その前に、お土産などを探しに行きました。

まず、行ったのはボンダイショッピングセンター。
しかし、何もかも高すぎて、断念。ランチのみフードコートで食べ(ここで
ハカセ参加)、チャイナタウンに移動。こちらでブツ調達しました。

とにかくおしゃべりな彼女。昨日は、遠距離恋愛をしている
彼氏について、3時間ほどトーク。
台湾にいる恋人とは、ここ8ヶ月ほどあっていない。チャットと電話のみ。
普段はあまりつらいとこ見せない彼女だけど、確かに気持ちの浮き沈みは
私にも見えていた。
「あと、2年間つづくかなあ」と時々ぼやいていた。

彼女は今回の帰国をとても楽しみにしている。
ぜひ、勉強の疲れと、遠距離恋愛の疲れを癒してきてもらいたい。
一月に元気な笑顔を見れることをたのしみにしていまーす。

ふー。
by クリスマスプレゼント調達したたけっち。

(・e・)
ひよこまーく


お友達紹介 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
MMKパート2
さて、もててもてて困る男 オージー編その2.
R君。拍手
といっても、正確には彼はハカセの親友。

さて、そのエピソード。
その1.タイに旅行に行ったとき、2回逆プロポーズ。
逆ナンパじゃありません。初対面なのに、いきなりです。
オージーが珍しかったのか?
いいえ、ハカセもそこにいました。。。。
(ごめんよー。ハカセ。これ、悪口じゃないよ。)
その2.チューターのクラスは、90パーセント女子。途中からしかも女子が増えていく。。。
その3.ただいま、政府広報関係の仕事をしているRクン。
かれがジャーナリストの対応をするときは、ほぼ100パーセント女性ジャーナリスト!
その4.某大使婦人にくどかれ、愛人契約を持ちかけられた。

さて、このMMK、Rクン。
顔は。。。
ベンスティラー似。

トーク:絶品。
インテリ度:上
キャラ:誰にでもにこにこ。

そんな彼も、3年前にめでたくガールフレンドができ、彼女一筋のようです。そのとき、100万人のキャンベラガールズ(こんなに人口ないって)が荒れたとか。

ぜひ、シドニーとキャンベラMMKの一騎打ちを実現させたいものです。

野望をいだく
たけっち。

(・e・)
ひよこまーく

これは、ひよこランボー

お友達紹介 | permalink | comments(5) | trackbacks(0)
MMK (もててもてて困る) オトコ その1
今日は、ゆるい話題で。

実は、私の研究室仲間のオージーM君は
MMK (もててもてて困る)という方。

エピソード1.彼は保育施設でアルバイト中。
保護者によく口説かれる。子供の教育相談とか、「プライベートな保父をしてほしいから、家にきてくれ。ダンナも留守だし」とか。まさに
あの手この手!のデスピレートとな妻たちのお誘い

エピソード2.彼は学生寮の面倒見役。(デューティースチューデント)
女子からの呼び出し、毎晩。半マッパで、部屋にこられたことも。

エピソード3.彼の授業。
アメリカ人留学生:親に合わせるから、シカゴに来てほしい。
オランダ人留学生:以下同文
オージー:親がシドニーに来ているからあってほしい。
注:M君、このうちのだれとも、デートした経験なし。コーヒーにさえ行っていません。

さて、きになるMクンのルックスは、
マシューマコノヒー
の50%引き。(ゴメンよ、Mクン汗

しかし、なかなかのハンサム。
そして、超マッチョ。
身長185センチくらいか。

教育学で、つい最近博士号取得のプチインテリ。
でありつつ、常に努力を怠らず日々研究邁進。
かと思えば、「ちょっとロードワークに。。」とスポーツ大好き。
さらに、お料理はプロ並み。
寮での下級生のお世話ばかりでなく、保育園での子供好きの一面。

さらに、そのトークの面白いこと。
反面、政治家には厳しい突っ込み。
去年は、アウシュビッツにいって、人間の残忍さに涙したというヒューマニストな面も。

うーん、納得か。

でも、一番持てる理由は、こんなにもてもてなのに女性に対していつも
RESPECTの気持ちをもっていることか。

いい加減にお誘いに乗っているところは見かけません。ただし、
断り方は、超ソフトかつ誠意がこもってます。
本人にいわく、運命の相手を信じているので、それを待っているそう。

こんなもてもてのM君の運命の相手。。。
今後も観察を続けます。

byたけっち。

(・e・)
ひよこまーく

PS パンチラぶた。クリスマスバージョン。



お友達紹介 | permalink | comments(8) | trackbacks(0)
ラーメンデート
MEGちゃんとシドニー某所のラーメン屋で、しっぽりしてまいりました。
6時@★(一番星と読む)、写真どうりのMEGちゃんとゴタイメーン。
うふふ、MEGちゃんすごーいCUTEよ。

最初は、ちょっと緊張気味のうぶな二人。
「ご趣味は?」「お仕事は?」と軽くジャブしつつも、メニューに目を走らせるふたり。

そして、キュートなウェイトレスさんに「野菜ラーメンの味噌味できますか?」といきなり難しい注文を出すMEGちゃん。「味噌ラーメンの野菜プラス」になりまーす」と撃沈。

で、ラーメン食べつつ、二人でしっぽり。語るは最近の世界の貧困問題、オーストラリアの移民政策、異文化比較論から人口問題。。。(金のない学生の愚痴、VISAの点数上昇に対する愚痴、恋バナ、うふふの話?)

もちろん、昨日論文ぶっこみのためそこにいなかったNAMAは格好のオカズ。

ラーメン屋からカフェに移動して、さらに話し込む。
日韓問題(ヨン様ネタ)、皇室のあり方(さーやゴシップ)など。。。

気づけば、もう8時半。
QVBのクリスマスツリーのオーナメントをどうやって盗む計画を練りつつ、
涙のお別れ。

でも、MEGちゃーーん、まだ話したりないわ。
たけっち、12月10日には、発表会(バレエじゃないよ)終わるから、
またぶっこもうね。

二人の結論1:
ORZって何?
知ってたらだれか教えてねー。
結論2:
数年後、シドニーが熱くなるかも。
アメブロガールズの○%シドニー終結か?
ジョンハワードもびっくりでしょ。

byたけっち。

MEGちゃんファンの皆様へ。

MEGちゃん、皆様のご想像どうり、とっても素敵な人です。みんな、彼女のブログ信じてついていくのよー。

後日談:放置プレイされたハカセ。ちょっと悲しかったよう。
DVD二本も借りて待っていたのにー。

それはありませんのでご安心を。

ブロンテについたらもう9時。

よいこは! の時間でした。
楽しい時間は過ぎるのが早い・・・
お友達紹介 | permalink | comments(7) | trackbacks(0)
中国上陸!ほぼ決定。
私、中国に大切な人がいるんです。

オンリーヤさん(注:女)

彼女との出会いは5年ほど前。
彼女のだんな様が、ワタクシの父のもとで博士論文を書き始めていたころ、
彼女は、だんな様を追って(?)来日。
そのころは、日本語もたどたどしかった彼女は、
その後、だんな様の中国帰国後も日本に滞在し、なんと昨年、日本で教育学の修士号を取得したというがんばりやさんです。

彼女とであるまでは、恥ずかしながら、ちょっと中国に対して、偏見と誤解のあった私。彼女に出会って、今まで「近くて遠い国」であった中国にたいする意識が変わりました。

写真が手元にないのが残念ですが、
じつは、彼女。。。

級の中国美人。(著作権だいじょうぶなんだろうか?この写真)


その美人から、メイルが届いていました。
留学後でちょっと気持ちがふさいでいるようです。
「会いたい。。。。」
いや、漢字的には「逢いたい。。。」こちらかな?
と、切ないメッセージ。。。

ただいま、来年4月に帰国&休暇を予定している私。
中●航空で帰ろうじゃないですか。
ストップオーバーしちゃおうじゃないですか。
で、初の中国上陸予定濃厚!

「中日美人組」の再会計画開始です。ふふ。



たけっち。 
(・e・)
ひよこまーく

PS.
温さん、がんばりすぎないでね。

↑来年だけど。。&著作権侵害を恐れる私。。。

PS.
納豆報告。
きょうも、ハカセたべてたわよ。
朝ごはんに。
ハカセ:白いご飯に納豆。。。
たけっち:べーぐる&こーひー。
お友達紹介 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
シドニーのマーティン
初、友達紹介。祝
第一号は!
パンパカパーン

シドニー・マーティン拍手
何?その名前。
そう、これが本名。なーんて、インパクトの名前でしょう。
もう忘れられないはず。

研究室が一緒かつ、美人担当教官をシェアする私たち。

彼は、スペインバックグランドのオーストラリア生まれ。(現在はスペインの大学に籍をおくVISITING 学者)
スペインとオーストラリアを行き来しつつ育った、
英語とスペイン語のバイリンガル!「ここPCの設定みてくれる?」といわれてのぞいたかれのPCはWINスペイン語バージョン!ウノ、ドス、トレス!

いや、さらに細かく言えば、スペインでアメリカ英語音声学をおしえ、
奥様はブリティッシュ英語話者、彼は半オージーということで、
3つの英語を操っているのです。



さて、私たちこんなことしています。











sidney2


ただいま、鼻音の音響測定中。
たけ:あー、シドニーが死んじゃうよー。びっくり
教官:ふふ、だいじょうぶよ。本人楽しんでるのよ。

sidney3SIDNEY:サイコー

オタクだわね。私たち。

SIDNEY、いつも笑わせてくれてありがとう。
それから、たくさーんのユーロコインもありがと。
奥さんへの毎日の電話、忘れちゃだめだよん。

ラブA.K.


(・e・)
ひよこまーく

oboegaki:
Sidney ni supeingo no Bunken no yaku tanomu. for S.
S ni denwa. before 3:00

お友達紹介 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)